介護職100万人不足と外国人介護福祉士(建前?は“経済連携”)

介護 求人が目につく昨今、介護職の人材は、2025年には100万人不足するといわれているようで、確かに自身や身内が介護が必要になっても、周囲に顔見知りの介護士さんはいません。
2008年に始まった、インドネシアやフィリピンからの介護士・看護師受け入れは成功したとは言い難く、日本で働き続けている外国人介護士は多くないそうですが、彼らは母国で看護大学などを卒業したエリートとのこと、私は外国人の介護士さんのお世話になることに抵抗ないです。

介護 転職に興味をもったならば「介護福祉アシスト」のようなサイトで求人を探せます。

スポンサーサイト



Category : Work の記事
to page top