アルバムをデジタル化してクラウドに保管「おもいで玉手箱」

おもいで玉手箱1977年放送の名作ドラマ「岸辺のアルバム」では崩壊した家族が、水害で家まで崩壊の危機に瀕し、必死に持ち出したものはアルバムでした。
この作品は1974年の多摩川水害をベースに山田太一さんが脚本を書いたそうですが、放送から34年経った2011年の震災では津波に流されたアルバムを回収、写真を洗浄、修復するボランティアの方々が活躍し、この震災を機に株式会社プラザクリエイトは、プリント写真やビデオテープをデジタル化してクラウドサーバに保管する「おもいで玉手箱」を開発しました。
ネガフィルムやアルバムを専用ボックスに詰めて送るだけの手軽なサービスが先着500名1月末まで半額の18,900円なので、大掃除の際アルバムを整理して利用してみるのもいいですね。
アースライン・シーラインカロリー調整食ダイエット
スポンサーサイト



Category : Tech の記事
to page top