ネット上の口コミや記事をまとめた「新書・文庫本マニア」

当ブログで度々紹介している「bestmania」の関連サイトで、本・書籍情報に特化して口コミや記事をまとめた人気ランキング「新書・文庫本マニア」の文学・評論ジャンルに興味を惹く「おすすめベスト3」が載っていました。
昔の小説って難しい!?いえいえ!そんなことはありません。意外と夢中になって読めちゃう『谷崎潤一郎』のおすすめBest3!
特に「痴人の愛」。
私は小説を読む際、映像化するなら誰をキャスティングするか妄想するのが好きで、ヒロインのナオミには沢尻エリカが良いと。この作品を読んだのは2、3年前で、既に沢尻エリカは成人していたから10代の頃に演じてほしかったんだけど。
ナオミはハーフのような容姿という設定ですが沢尻エリカは実際ハーフだし、大人の男を翻弄するナオミのキャラは「エリカ様」のイメージとかぶる。

以上のように妄想したわけですが、この作品既に何度も映画化されてるんですね。ひとつも観てないし、ナオミを演じた女優で名前を知っているのは1949年版の京マチ子くらいだけど
譲治役は宇野重吉、船越英二、小沢昭一などが演じているらしく、このお三方の若き日の姿を知らないものの、お年を召した姿からも納得できるキャスティング・笑。

それにしても、美少女への偏愛というと現代ではアニメやライトノベルといったサブカルの分野で盛んに表現されていますが、大正~昭和期には谷崎の他にも川端康成などの文豪が流麗な文章で表現していたんですねえ。

ブログで口コミプロモーションならレビューブログレビューブログからお知らせをいただきました。

スポンサーサイト



Category : Entertainment の記事
to page top