ナイトツーリズムの核を目指す夜景観光ブランド「世界夜景遺産」公式サイト開設

静岡市公式サイト「静岡の夜景」を取り上げた1月1日の投稿で、私が以前富士山の画像を見つけたのは、世界遺産の画像を集めたサイトで、富士山以外でも強く惹かれたのは、やはり夜に撮られた風景。世界夜景遺産「静岡の夜景」を監修した丸々もとお氏が代表理事を務める、一般社団法人 夜景観光コンベンション・ビューローは、10カ国地域の夜景鑑賞地および夜間イベントを「世界夜景遺産」に認定登録、公式サイトも開設。
ユネスコとは無関係ですが・笑、こちらの“遺産”は観光促進の色合いが強いようです。
かつては日本においてもインバウンドからの要望が強かったナイトツーリズム、今やその話もどこかへ行ってしまいましたが、昔から“観光地なので夜は人出が減り、店が閉まるのも早い”などと言われた、近所の浅草寺のライトアップのもとを、国際色豊かな顔ぶれがそぞろ歩きする日の復活を望みます。
ドリームニュース・ブログメディア参加記事
スポンサーサイト



Category : Travel の記事
to page top