「Nintendo Switch」目疲れ軽減、最高の滑り心地のガラス保護フィルム

昨日地下鉄の中で男子高校生が、スマホでもタブレットでもないモバイル機器のようなものでゲームやってて、私はゲームに詳しくないけど、子供の頃周りではポータブルゲーム機が流行ってて、今の子もああいうので遊ぶんですね。TEMPERED GLASS SCREEN PROTECTOR先日当ブログで取り上げた液晶保護フィルムのラインナップを見てたら「Nintendo Switch ブルーライトカット 液晶保護フィルム」てのがあり、これね、男の子が持ってたゲーム機。

あの日電車に乗る前、ホームで人にぶつかり、持ってたスマホ落として、ケースつけてたから無傷だけど、やっぱモバイル機器を保護するアイテムはちゃんと選ばないと。
ちなみに歩きスマホはやってませんよ・笑。

続きを読む

Amazonで買える iPad mini 5 専用 ブルーライトカット ガラスフィルム

これから新型 ipad mini 5を購入予定の皆様、7.9インチのディスプレイを守る液晶保護フィルムのご用意はお済みでしょうか。
長年、目の疲れに悩まされている私としては、ディスプレイ自体にブールライトカットを標準装備できないのかな?と思ってしまうのですが、残念ながら装備されないので、保護フィルムでカットしますか。TEMPERED GLASS SCREEN PROTECTOR保護フィルムってピンキリで、オマケでもらえたりしますが、Amazon で買える iPad mini 5 専用ガラスフィルム、WANLOK製「TEMPERED GLASS SCREEN PROTECTOR」は90%ブールライトカットで頼もしい限り。

続きを読む

“空飛ぶ車”も走らす「円弧動エンジン」開発資金支援企業募集

円弧動エンジンさいたま市にある「日本ソフトウエアアプローチ」という会社が先月から“円弧動エンジン開発”なる事業の資金支援企業を募集し始めたんだけど、それ今話題の“空飛ぶ車”のエンジンにもなるんですって。
社名に“ソフトウエア”とあるように、もともとデジタル教材開発やってる会社みたいで、どういうわけでエンジン開発と繋がるのか、突飛な印象を受けるのですが、事業計画見たらもっとブッ飛んでますよ、最終的には“宇宙エレベーター”事業にも着手するのが目標のようです。
ホリエモンや前澤社長もそうだけど、IT経営者系(?)の方々は、おっきく宇宙へ夢を馳せますね!

続きを読む

注文数1からのオンデマンド印刷サービス「セレポ」第1弾は「あんさんぶるスターズ!」カレンダー

私、週に何回も100均行くのですが・笑、11月に入ってからズラリとカレンダーや手帳が並んでますね。
あれも100円?だからデザインはそれなりですけど、カレンダーとか1年間毎日眺めるから、どうせなら満足のいくものを飾りたいですよね。

オンデマンド印刷サービス「Selepo.me」(セレポ)なら、絵柄や月をカスタマイズしたカレンダーを購入できるそうです。

Selepo.meセレポを運営する株式会社エンスカイはキャラクターグッズの企画製造も手がけてきたせいか、サービス第一弾は、スマートフォンアプリゲーム「あんさんぶるスターズ!」のカレンダー。
アニメのカレンダーはあちこちで手に入りそうだけど、ゲームアプリのカレンダーはそれほど種類多くない気がするから、待ち望んでいたサービスなんじゃないですか?

続きを読む

Fire HD 8 (2016)で充電しながら使用できるUSBハブ

Fire HD8(2016)で急速充電しながら使用できる USBハブ有限会社電机本舗は"fire hd"(2016モデル)で急速充電しながら USBハブとして使用できる、スマートフォン・タブレット用 OTG3モードスイッチ付き4ポートハブ 「HWMT1」を10月10日から Amazon で販売、今のところ実店舗では取り扱わないようだから購入前に現物を手にできないけど、出荷開始キャンペーン中で通常価格2,980円のところ980円だから、OTG(USB On-The-Go)対応タブレット持ってて、キーボードやマウス繋ぐ人は試しに買ってみてもいいかも。
マイクロUSB の抜き差しは面倒なので“OTG3モードスイッチ”は便利かと。

続きを読む

「AirTalk」位置情報システム、認知症患者の徘徊見守りに活用

インターネット不要、近距離無線を使用し、最大直径240m内のスマートフォン同士が高速通信できるアプリ「AirTalk」については、当ブログで過去にも取り上げており、大学の学園祭で使用されたりして、若者向け SNS という印象でしたが、最近は認知症患者の外出検知・徘徊見守りに活用という、高齢化社会を見据えた動きがあるようです。みまもりシステムこの“みまもりシステム”では、認知症患者の方がつけた「ビーコン」と呼ばれる無線端末を、AirTalk が確認することで外出検知を行い、AirTalk はスマホのスリープ状態でもビーコンを検知して位置情報を配信、ビーコンは小型軽量で、電池が最大1年間もつのが、ネット接続不要の強みですね。

続きを読む

店頭での映像配信に 商品棚設置金具付き 10インチ電子POPモニター

GP10D-WH上の画像のように、店頭の商品ディスプレイで映像を流す例は、1990年代くらいからテレビデオなんかを使用して、よく見られると思いますが、2000年代くらいに液晶モニターが普及してからは場所もとらずに、より設置しやすくなったでしょう。

上の画像に写っているのは、グッドプランニング株式会社が先月に販売開始した、10インチ電子POPモニター「GP10D-WH」。
“店頭販促用”と銘打っているモニターって、他のモニターと何が違うのかと思ったら、商品棚などに設置するための金具は標準装備、有償オプションに“視聴者数測定器”とかあるのはさすが。

続きを読む

to page top